名古屋から40分で行けるレトロなまち、
今も残る古き岡田の文化や街並

竹内虎王邸

竹内虎王邸

竹内虎王邸

竹内虎王は、安政2年(1855)に岡田で生まれました。虎王は、木綿製造業を手がけていましたが、品質が良く、量産のできる織機の必要性から研究にも没頭していたそうです。明治32年に「竹内式動力織機」の特許を取得して自社で活用しました。明治34年には、竹内木綿工場を創業し、後に丸登織布工場に発展させました。岡田が後に知多木綿の一大産地、集積地となる基盤を築いた先駆者の一人です。
また、豊田佐吉が一時期岡田に織機の研究に来ていたと伝えられており、虎王と出会い種々の影響を受け、明治23年「豊田式木製人力織機を発明、明治31年「豊田式木鉄混製力織機」の特許を取得、織機の製造・販売で大成功しました。
  • 竹内虎王
    竹内虎王
  • 特許書
    特許書
  • 虎王の機の図面
    虎王の機の図面
  • 虎王商店畳紙
    虎王商店畳紙

ENGLISH